ぜんそく

ぜんそくの検査 モストグラフ

モストグラフ

モストグラフは、ぜんそくやCOPDのように気管支や肺胞が狭くなっている病気のために開発された新しい検査で、普通に呼吸をしたまま、気管支や肺胞が狭くなっているかどうかを調べることができます。

今回新しく出版されたCOPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン2022〔第6版〕にもモストグラフは詳しく取り上げられており、モストグラフでは、気道が狭くなっているかどうかだけでなく、肺や気管支のどの部分が狭くなっているのか(つまり、傷んでいるのか)を推測することができます。

検査方法

  1. 鼻にクリップをして、マウスピースを口でくわえます
  2. 頬を両手で軽く押さえます
  3. 20秒程度、楽に呼吸をします
  4. すぐに結果が出ます

呼吸機能検査(スパイロメーター)と違い、大きく息を吸ったり、思いっきり吐いたりする必要がないので、ご高齢の方でも簡単にできる検査で、気管支や肺胞の状態を「呼吸抵抗」という数値で表すことができます。

結果は色分けされ正常ならば、抵抗が強くなるに従い黄色と表示されるため分かりやすいです。

ぜんそく(喘息)・COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)ではモストグラフで得られる「呼吸抵抗」の数値が高く出るだけでなく、それぞれの「呼吸抵抗」の数値の特徴が違うことがわかっており、診断に有効です。

  1. 健常者では、呼吸抵抗測定の際に用いるオシレーション波の周波数を変えても、呼吸抵抗値はあまり変化しません。
  2. ぜんそくでは、呼吸抵抗は高いものの、周波数や呼吸周期への依存はあまり見られませんが、重症になるほど周波数依存性も顕著になることが知られています。
  3. COPDでは、周波数が小さいほど呼吸抵抗が高くなっていく現象(周波数依存)や、呼気と吸気で呼吸抵抗が違う現象(呼吸周期依存)が特徴的です。

これらのパターンの違いから、ぜんそくやCOPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)を診断することができます。

モストグラフ

正常

モストグラフ

気道抵抗は高いが、周波数依存性は認めない

→気管支が狭く、ぜんそく(喘息)が疑われる

モストグラフ

気道抵抗が高く、周波依存性を認める

→気管支や肺胞が狭く、COPDが疑われる

また、モストグラフは、ぜんそくやCOPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)の診断だけではなく、治療後に再検査をすることで治療効果を確認することができます。

モストグラフ

吸入治療で呼吸抵抗の改善を認めています

吸入治療で呼吸抵抗の改善を認めています

  • 20秒間、普通の呼吸をするだけで、気管支や肺胞の状態を知ることができます
  • 高齢のかたや小学生でも検査可能です
  • 息苦しい原因に肺や気管支が関与しているかどうか判断できます
  • ぜんそく・咳喘息(いわゆる「かくれ喘息」)・COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)の診断に役立ちます
  • ぜんそく・咳喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)の調子が良いかどうかの指標になります
  • ぜんそく・咳喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)の治療効果の判定に役立ちます

モストグラフの注意点

お子さんや一部の成人(特に女性)には、ぜんそくやCOPDでなくても、気道抵抗が高値となる方がいます。このため、症状(咳、呼吸苦など)、既往歴、聴診、胸部レントゲン、呼吸機能検査、呼気一酸化窒素検査(FeNO)などと併せて判断することが重要です。また治療後に呼吸抵抗が変化するかをみることも大切です

ぜんそくの検査に戻る

CLINIC INFO

受付時間

診療時間

休診日 水曜午後、金曜午後、土曜午後、日曜、祝日

まごのクリニック

まごのクリニック

〒661-0981
尼崎市猪名寺2-15-30
JR宝塚線猪名寺駅から
徒歩5分

06-6491-0567

オンライン初診予約はこちら

問診票ダウンロード

アクセスMAP

まごのクリニックLINE公式アカウント

〒661-0981 尼崎市猪名寺2-15-3 まごのクリニック

まごのクリニック

〒661-0981 尼崎市猪名寺2-15-30

TEL.06-6491-0567

  • JR宝塚線「猪名寺」駅 徒歩約5分
  • 阪急伊丹線「稲野」駅 徒歩約15分
  • 尼崎市バス20系統「猪名寺」 バス停下車 徒歩約2分

詳細マップはこちら

駐車台数 4台

※満車の場合はお手数ですが受付にお声をかけて下さい。

このページの先頭へ