お知らせ

お知らせ

モストグラフを新規導入しました(ぜんそくやCOPDの検査です)

2022年9月20日

モストグラフはぜんそく(喘息)、咳喘息やCOPDのように気管支や肺胞が狭くなっている病気のために開発された新しい検査で、

普通に呼吸をしたまま、気管支や肺胞が狭くなっているかどうかを調べることができます。

今回新しく出版されたCOPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン2022〔第6版〕にも詳しく取り上げられています。

この検査を行うことにより気道が狭くなっているかどうかだけでなく、肺のどの部分が狭くなっているのか(つまり、傷んでいるのか)を推測することができます

検査方法

  1. 鼻にクリップをして、マウスピースを口でくわえます
  2. 頬を両手で軽く押さえます
  3. 20秒程度、楽に呼吸をして終了です

呼吸機能検査(スパイロメーター)と違い、大きく息を吸ったり、思いっきり吐いたりする必要がないので、ご高齢の方でも簡単にできる検査で、気管支や肺胞の状態を「呼吸抵抗という数値で表すことができます。

結果は色分けされ正常ならば抵抗が強くなるに従い黄色と表示されるため分かりやすいです

ぜんそく(喘息)・COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)ではモストグラフで得られる「呼吸抵抗」の数値が高く出るだけでなく、それぞれの「呼吸抵抗」の数値の特徴が違うことがわかっており、診断に有効です。

健常者では、呼吸抵抗測定の際に用いるオシレーション波の周波数を変えても、呼吸抵抗値はあまり変化しません。

ぜんそくでは、呼吸抵抗は高いものの、周波数や呼吸周期への依存はあまり見られませんが、重症になるほど周波数依存性も顕著になることが知られています。

COPDでは、周波数が小さいほど呼吸抵抗が高くなっていく現象(周波数依存)や、呼気と吸気で呼吸抵抗が違う現象(呼吸周期依存)が特徴的です。

これらのパターンの違いから、ぜんそくやCOPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)を診断することができます。

          <①健康な場合   波が緑色⇒気道抵抗を認めない>                                                            

 

<② 喘息が疑われる場合 波が黄色赤色で同じ時間帯の波の色は統一されている

 

<③ COPDが疑われる場合 波が赤色青色がメインで、同じ時間帯の波の色にばらつきがある

 

また、モストグラフは、ぜんそくやCOPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)の診断だけではなく、治療後に再検査をすることで治療効果を確認することができます。

 

<吸入治療後波の色が黄色から緑色に変化している⇒気道抵抗が改善している>

  

呼吸抵抗測定の特徴のまとめ

  • 20秒間、普通の呼吸をするだけで、気管支や肺胞の状態を知ることができます。
  • 高齢のかたや小学生でも検査可能です
  • 息苦しい原因に肺や気管支が関与しているかどうか判断できます。
  • 長引く咳の原因として多いぜんそく(喘息)の診断に有用で、聴診所見や呼気一酸化窒素検査(FeNO)のみでは見逃されやすい咳喘息(所謂かくれ喘息)の診断に役立つ検査です。
  • ぜんそく・COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)の診断に役立ちます
  • ぜんそく・COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)の調子が良いかどうかの指標になります。
  • ぜんそく・COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎)の治療効果の判定に役立ちます。

モストグラフの注意点

お子さんや一部の成人(特に女性)には、ぜんそくやCOPDでなくても、気道抵抗が高値となる方がいます。このため、症状(咳、呼吸苦など)、既往歴、聴診、胸部レントゲン、呼吸機能検査、呼気一酸化窒素検査(FeNO)などの所見と併せて判断することが重要です。また治療後に呼吸抵抗が変化するかをみることも大切です

コロナワクチン(ファイザー):9月予約追加(最終)

2022年9月12日

**最後までお読み頂き、ご予約下さい**

*9月27日、28日、29日、30日の募集です。

*これまでのファイザーワクチン(コミナティ)での接種は今月で終了のため最終募集です。

使用するワクチンはファイザー(コミナティ)で、今回は3回目及び4回目接種の方のみ募集をおこないます。

12歳以上で、2回目または3回目接種から5か月以上経過している方、対象になります。

尚、4回目接種対象者は新型コロナワクチンの3回目接種を受けた方のうち、以下のいずれかに該当する方です

①接種日時点で60歳以上の方

②18~59歳の基礎疾患を有する方など重症化リスクが高いと医師が認める方

③医療機関や高齢者施設・障害者施設等の従事者

*②,③にあたる方はお住いの市に接種券を申請する必要があります。尼崎市は「接種券発行申請書」が郵送されてきますが、それは接種券ではなく申請するための書類であり、申請して初めて接種券と問診表が郵送されてきますのでご注意ください。詳細はこちらでご確認ください(https://www.city.amagasaki.hyogo.jp/kurashi/kenko/kansensyo/1024145/1030409.html)

*接種券が届いても2回目または3回目接種から5ヶ月以上経っていないと接種できませんのでご注意ください*

 

予約に関してはこちらからお取り下さい

**こちらのサイトでご予約をお取りするのにはGMAIL受取可能なメールアドレスを入力してアカウント作成が必要です。

アカウントを作成して頂くことで正確にご予約が取れますので、ご協力お願いいたします**

**この予約サイトでは2回目接種から5か月たっているかどうかの自動判定はできません。

  ご自身で5か月たっているかどうか判断してご予約下さい**

ネットでの予約が難しい方は当院診療時間内に直接来院頂ければ予約可能です。接種券を持ってご来院下さい

お電話での問い合わせ及び予約は対応しておりませんのでご注意ください。

**当院受診歴の有無に関係なくご予約予約出来ます**

**詳細は尼崎市のHP(https://www.city.amagasaki.hyogo.jp/kurashi/kenko/kansensyo/1024145/1027088.html)、お住まいの市などのHPをご確認ください**

尼崎市以外にお住まいの場合当院受診歴がない方は住居外接種届の提出が必要です。こちらのHP(https://www.city.amagasaki.hyogo.jp/kurashi/kenko/kansensyo/1024145/1024883.html)から申請をお願いいたします。(かかりつけの方は他市でも不要です

*予約当日は、①接種券・②診察券(お持ちでない方は不要)・③保険証(またはその他の身分証明書)・④記入済の予診票・⑤スリッパ(水曜日及び金曜日午後の時間帯の方のみ)を必ずお持ちください。尚、体温は当院で測定するため記載不要です

これまでのファイザーワクチン(コミナティ)接種にて重篤な副反応があった場合は、事前にクリニックまでご相談ください。場合によってはモデルナ等をお勧めしております。(ただし、18歳未満はファイザーのみとなります)ご相談に関しては午後診療の18時までにご来院ください。

*接種後15分(アナフィラキシーの既往のある方などは30分)院内で経過観察が必要です。

*混雑防止のためワクチン接種当日は徒歩、自転車、公共交通機関でお越しください。

*来院時は感染対策として不織布のマスク着用でお願いします。また入り口で手の消毒をして頂きます。

*貴重なワクチンのため体調不良以外ではキャンセルはしないようお願い致します

*過去に重篤なアレルギーを起こしたことのある方や喘息で発作を繰り返している方でかかりつけではない方は、病状を把握しているかかりつけ医または市の集団接種にて接種してください

*妊娠中及びその可能性がある方は、産婦人科または市の集団接種にて接種してください

*その他、当日医師がワクチン接種は不適当と判断した場合は接種できません

ワクチン接種に関しご不明な点がある方は尼崎市新型コロナワクチン案内センター(電話:06-4950-5085)にお問い合わせください。

よろしくお願いいたします

本日で開院10周年です

2022年9月1日

2012年年9月1日に内科・呼吸器内科・アレルギー科のクリニックを尼崎市猪名寺に開院し、早いもので10年が経ち、医師としても20年目を迎えました。

当院として一つの区切りとなる年ではありますが、開院した当初は予想もしなかった新型コロナウイルスが世界的に流行し、医療を取り巻く状況は日々変化しています。

実際、多くの感染者が出たこの夏の第7波では行動制限も行わず、新型コロナウイルスを5類にするかどうかの議論が活発化し、いわゆるWithコロナの本番がやってこようとしています。しかし今しばらくは現状のように感染対策を行い、重症化リスクの高い方にはワクチンを接種するなど、新型コロナウイルスに対する対策を続けていく必要があると考えています。

当院はこれまでコロナ禍に対応するため、感染対策用の診察室を新たに作り、通常外来と並行して出入り口までも別となった場所で発熱外来を予約制で行ってきました。こうすることで安心して通常外来に通院していただけますし、かかりつけの方や地域の方が体調不良時にも対応することができます。

その一方で、通常診療の大切さを常々感じており、「内科と呼吸のクリニック」として、地域医療・一般内科はもとより、呼吸器内科医としてより専門的な治療を行っていきたいと、心新たにしています。

実際、肺を専門にしている医師はあまり多くなく、10年前にゼロから始めた「内科と呼吸のクリニック」ですが、現在多くの患者様に診療を行っていることに喜びを感じています。

医療は日進月歩であり、常に最新のより良い診療をお届けしたいと考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。

令和4年9月1日
まごのクリニック

院長 孫野 直起

 

発熱など風邪症状の患者様へ

2022年8月5日

発熱や咳、咽頭痛、下痢などの風邪症状がある方は通常の診察室とは出入口を別にした感染対策室で陰圧ブースを使用して、完全予約制で診療にあたっております。

新型コロナウイルス感染の急増に伴い希望者全員に検査をするのが難しい状況です。

このため当院通院中の患者様やそのご家族及び近隣にお住まいの方とさせていただいております。

当院通院中の患者様やそのご家族及び近隣にお住まいの方は、お電話にてご相談ください。

*発熱や咳、咽頭痛、下痢などの風邪症状がある方は予約なく直接来院することは控えていただきますようお願いいたします。お電話が繋がらない場合は当院の処理能力を超えているため、他院受診もご検討ください。

*諸事情からHPの予約システムは現在中止しております

お電話でお申し込みいただいた上で、メールなどのやり取りをさせて頂き、日時を決めてからの診療となります。ただ、電話がつながりにくくなっており、何度かお電話いただければ幸いです。また、ご連絡いただいた時間帯の状況により、ご希望の日時通りにいかないこともありますので、ご理解ください。

申し訳ありませんが、当院に受診歴のない方、現在通院していない方、他県にお住まいの方は、かかりつけ医にご相談いただくか、お近くの医療機関をお探しください。また、兵庫県は新型コロナ自主療養制度も開始しており、詳しくは兵庫県のHP(https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/corona/kithaihujisyuryouyou.html)をご確認ください

 

注意点

*検査キットや人員配置の問題で、診察には限りが有り、ご希望に添えない場合はご容赦ください

PCRや抗原検査が必要な患者様は、必ず当院から連絡の上、受診時間を決定しております。予約なしで直接受診いただいてもその時間帯は他の患者様の診療にあたっており、予約がない方の診療ができません。

*予約時に受診動機を記載されない場合、診察する部屋が決定出来ないため、どういった経過や理由で受診を希望されるのか記載していただくようお願いいたします。また、受診動機の内容によっては新型コロナ検査の公費適応にならない場合があり、お断りせざる得ないことがあります。この場合は兵庫県がおこなっている無料検査等をご利用ください

*感染対策室には陰圧ブースを設置し、必要に応じて抗原検査またはPCR検査をしております。検査を拒否される場合診察が困難なことがあります

受付時間が8月1日より変更となります

2022年7月31日

【受付時間が8月1日より変更となります】

午前診療

午前8時45分より受付開始

初診 11時30分まで

再診 11時45分まで

午後診療 午後3時45分より受付開始

初診 午後6時まで

再診 午後6時15分まで

Q&Aを公開しています

2022年7月5日

よく頂く問い合わせ内容をQ&Aで公開しています。受診前にご参考ください

https://www.magono.com/faq

院内感染対策について (UP-date )

2022年7月1日

新型コロナウイルス(COVID-19)流行に伴い、院内感染対策を強化しております。
患者様が安心して受診できるように最善を尽くしたいと考えており、下記の対策を行っております。
院内感染対策は皆様のご協力のうえで成り立つもので有り、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

  1. 出入口別の独立した感染対策室を作り、完全予約制で診察を行っています。咳や熱、咽頭痛、倦怠感などの症状がある患者様は電話(06-6491-0567)またはHPから予約をお取りください。HPからご予約いただいた方は当院からお電話(またはメール)にてご連絡させていただきますので、対応の程お願いいたします。内容を確認し正確な来院時間を決めさせていただきますが、当日は午前は11時30分、午後は6時までに来院できるようにご予定を調整いただければ幸いです。
  2. 全ての部屋に換気扇を設置(合計12台)し、一部窓を開放し、換気を常に行っています。そのほか院内に空気清浄機4台加湿器4台を設置しています。またR2.11月よりオゾン付き空気清浄機導入、R3.1月からはヘパフィルター付き陰圧ブース(内部が陰圧、つまり空気が外に漏れない仕組みになっており、内部の空気は天井にあるダクトを通して常に入れ替わる仕組みになっている)を2つ設置し安全に診療及び検査を行えるようにしております。
  3. 診療時間前後だけでなく、こまめに院内(ドアノブ、スイッチ、トイレ、医療機器など)を消毒すると共に、スタッフ一同手洗い、うがいを頻回に行っています。
  4. 症状の有無にかかわらず、付き添いの方含め受診の際はマスクを必ず着用して来院し、診察を受けてください。検査時などにマスクを外して頂くとき以外はマスクの着用をお願いします。
  5. 入り口に手指の消毒液(アルコール)を設置しています。必ず手指を消毒してから入室して下さい。ただし、アルコールにアレルギーがある患者様は洗面所にて石鹸で手洗いをしてください
  6. 院内の扉を開放しています。また雑誌類は全て撤去しています。
  7. 診察時に必要に応じてゴーグルやフェイスシールド、特別なマスク(N95)、防護服等を着用しています。

オンライン初診予約はこちら

 

禁煙外来再開のお知らせ

2022年6月10日

ニコチネルパッチの流通の目処が立ったため、禁煙外来を再開しております。

ただし、チャンピックスの流通の目処は立っておらず、現在も使用できないため、ニコチネルパッチのみを使用しての禁煙外来になります。

禁煙外来をご希望の方はお電話またはHPからご予約ください。

なお、初回は診察に20分程度かかるため診察終了時間の1時間前までに来院するようにご予約ください。

よろしくお願い致します。

子宮頚がんワクチン キャッチアップ接種も始まりました

2022年5月31日

①HPVワクチンの積極的勧奨の再開が決定されました

厚生労働省はHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の積極的勧奨を令和4年4月から再開しました。

HPVワクチンは小学校6年生から高校1年生の女子を対象に無料で行える定期予防接種です。

②無料接種の再チャンス(キャッチアップ接種)

8年以上の間積極的接種勧奨されてきませんでした。そのため、無料接種のチャンスを逃してきた女性に対し、無料接種の再チャンス(キャッチアップ接種)が決定しました。

平成9年度生まれから平成17年度生まれの女子公費での無料接種の対象(ただし、令和4年4月から令和7年3月までの3年間の措置)になります。

これらの詳細は市のHP(https://www.city.amagasaki.hyogo.jp/kurashi/kosodate/kodomo_yobousessyu/1003034.html)を参照ください。

①、②いずれも予約制になるためあらかじめご予約の上ご来院ください。予約時に住民票のある市の記載もお願いいたします。

尚、当院は尼崎市にあり、①②に関する対象は尼崎市、西宮市、伊丹市、宝塚市、芦屋市、川西市、三田市、猪名川町に住民票がある方が対象ですが、尼崎市以外に住民票がある方は接種にあたり尼崎市長宛予防接種実施依頼書が必要となるため、お住いの市にご確認ください。その他に住民票がある方は、住民票がある市町村に直接お問い合わせください。

接種スケジュール

標準的な接種間隔は、2回目の接種が1回目の接種から1月後、3回目の接種が1回目から6月後になります。

高校1年生の間に3回目接種までを打ち終わる必要がありますが、キャッチアップの方はこの限りではありません。

当院でのワクチンの種類

現在は無料定期接種で使用されているHPVワクチンは「16、18」の2価のワクチンと「6、11、16、18」の4価のワクチンですが、当院ではより広い範囲をカバーしている4価ワクチンである「ガーダシル4価ワクチン」のみ接種しております。

シルガード9価(自費)もあります。

当院ではHPVワクチン(シルガード9価)も行っておりますが、こちらは定期接種では取り扱いがなく、自費での接種になります(税込み33,000円)。

無料定期接種のガーダシル4価ワクチンは、「6、11、16、18」の4価のHPVウイルスをカバーしています。子宮頚癌の60~70%程度と尖圭コンジローマが予防出来るとされています。

9価のワクチンは「6、11、16、18」に加えて、「31、33、45、52、58」についてもブロック出来るため、子宮頸がんの90%程度が予防できると考えられています。

第5回尼崎呼吸器病診連携カンファレンスで公演させて頂きました。

2021年10月1日

2021年9月30日に「第5回尼崎呼吸器病診連携カンファレンス」で難治性喘息の症例についてお話させていただきました。

喘息がどのように起こるのか徐々に仕組みが解明されてきており、IgEや好酸球、FeNO(呼気一酸化窒素)を指標にした、難治性喘息の患者様への生物学的製剤の注射による治療が始まっております。

また一般的な喘息治療の核となる吸入治療では、ステロイド吸入やベータ刺激薬吸入(気管支拡張薬)だけではなく、抗コリン薬の使用が注目されております。

こういった点を踏まえ実際の難治性喘息の症例から、喘息治療についてお話させていただきました。

著名な先生も参加して頂き、様々な議論をすることで、有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

CLINIC INFO

受付時間

診療時間

休診日 水曜午後、金曜午後、土曜午後、日曜、祝日

まごのクリニック

まごのクリニック

〒661-0981
尼崎市猪名寺2-15-30
JR宝塚線猪名寺駅から
徒歩5分

06-6491-0567

オンライン初診予約はこちら

問診票ダウンロード

アクセスMAP

まごのクリニックLINE公式アカウント

オンライン予約はこちら

TEL.06-6491-0567

問診票

ぜんそく(気管支ぜんそく)

禁煙外来

睡眠時無呼吸症候群

まごのクリニックfacebook

まごのクリニックLINE公式アカウント

スマートフォン版を表示

〒661-0981 尼崎市猪名寺2-15-3 まごのクリニック

まごのクリニック

〒661-0981 尼崎市猪名寺2-15-30

TEL.06-6491-0567

  • JR宝塚線「猪名寺」駅 徒歩約5分
  • 阪急伊丹線「稲野」駅 徒歩約15分
  • 尼崎市バス20系統「猪名寺」 バス停下車 徒歩約2分

詳細マップはこちら

駐車台数 4台

※満車の場合はお手数ですが受付にお声をかけて下さい。

このページの先頭へ